借地権のメリット

それでは実際に借地権について注意しておくべきことは何なのでしょうか。まず、住宅を購入する際に土地を借りる場合は、買うよりも安くなるというメリットがあります。借地権にはいろいろな種類があるのですが、旧法の適用される借地権や普通借地権の場合は、いずれにしても借地人が望むならば契約は自動的に更新されます。希望すればずっとそこに住み続けることができるため、土地を所有しているのと実質的な違いはないのです。単にそこに建物を建てて利用したいだけならばこれで十分でしょう。ただし、地上権ではなくて賃借権の場合は、自由に売ったり貸したりはできないため注意しましょう。

定期借地権また、借地権の一つとして定期借地権というものがあります。こちらは期間に定めがある借地権のことです。契約の更新はありません。期間が満了したならば土地は更地にして返還しなければいけません。契約期間については、住宅一般定期借地権の場合には50年以上となることが多いでしょう。基本的には第三社に売ったり貸したりすることは自由です。

借地権付きの物件を購入する場合にはお金がかかります。権利金や保証金が発生するのです。そして、毎月地代を支払うことになります。ただし、土地の固定資産税は発生しません。このように借地権にはいろいろなメリットがあるのです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket