借地権とは

借地権というのは建物を建てるために土地を利用する権利のことです。建物を建てるために土地を借りている場合、借地権というものが発生します。借地権は地代を支払うことによって、土地を利用する権利を借りている状態のことです

この借地権にはさらに賃借権と地上権というものが存在しています。賃借権というのは、もし第三者に対して建物を売却する場合は地主の承諾を得なければいけません。一方、地上権については自由に売却をしたり、転貸することができるのが特徴です。一戸建ての場合、賃借権として借りていることがほとんどです。

借地借家法地上権とうのはとても権利形態の強いものとなっています。正当事由がない限りは更新拒絶をすることはできないため、地代を支払うこと以外は所有権に近い権利形態となっているのが特徴です。

また、賃借権については旧借地権と新法借地権という2つの種類が存在しています。借地権に関する法律として、借地法と借地借家法というものがあるのです。借地法の方は1992年の8月以前に土地を借りていた場合に適用されます。そして、1992年8以降については借地借家法というものが新しく制定されているため、そちらが適用されることになるのです。この違いについても理解しておきましょう。

※参照情報※借地権

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket