借地権のメリット

それでは実際に借地権について注意しておくべきことは何なのでしょうか。まず、住宅を購入する際に土地を借りる場合は、買うよりも安くなるというメリットがあります。借地権にはいろいろな種類があるのですが、旧法の適用される借地権や普通借地権の場合は、いずれにしても借地人が望むならば契約は自動的に更新されます。希望すればずっとそこに住み続けることができるため、土地を所有しているのと実質的な違いはないのです。単にそこに建物を建てて利用したいだけならばこれで十分でしょう。ただし、地上権ではなくて賃借権の場合は、自由に売ったり貸したりはできないため注意しましょう。

定期借地権また、借地権の一つとして定期借地権というものがあります。こちらは期間に定めがある借地権のことです。契約の更新はありません。期間が満了したならば土地は更地にして返還しなければいけません。契約期間については、住宅一般定期借地権の場合には50年以上となることが多いでしょう。基本的には第三社に売ったり貸したりすることは自由です。

借地権付きの物件を購入する場合にはお金がかかります。権利金や保証金が発生するのです。そして、毎月地代を支払うことになります。ただし、土地の固定資産税は発生しません。このように借地権にはいろいろなメリットがあるのです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

旧法について

借地権に関する法律には旧法と新法があります。1992年8月以前に適用されているため、実際に現在流通している物件の中には旧法のものがたくさん含まれています。

存続期間旧法と新法の違いは借地権の存続期間についてです。新法の場合はどのような建物であっても一律で30年となっていました。当事者間でこれよりも長期間にすることもできます。一方、旧法の場合は建物の種類によって異なっていました。堅固建物では30年であり、非堅固建物では20年とされていたのです。これらは最低存続期間です。そして、期間の定めがない場合には、そのまま期間の定めがないものとして適用されました。ただし、法定期間が適用されるため、実際には堅固建物は60年、非堅固建物は30年が期限となっています。

そして、新法では契約更新によって1回目が20年、2回目以降は10年となります。一方、旧法の場合は非堅固建物が20年、堅固建物が30年でした。

他にもさまざまな違いが存在しています。基本的に旧法の方が借地人に有利な内容になっており、地主にとっては不利な状況となっていました。そのような状態を改善させるために法律が新しくなったのです。これから土地を借りる場合は、その物件がいつの法律が適用されたものなのかを確認しておきましょう。それでは、最後に借地権のメリットについて説明します。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

借地権とは

借地権というのは建物を建てるために土地を利用する権利のことです。建物を建てるために土地を借りている場合、借地権というものが発生します。借地権は地代を支払うことによって、土地を利用する権利を借りている状態のことです

この借地権にはさらに賃借権と地上権というものが存在しています。賃借権というのは、もし第三者に対して建物を売却する場合は地主の承諾を得なければいけません。一方、地上権については自由に売却をしたり、転貸することができるのが特徴です。一戸建ての場合、賃借権として借りていることがほとんどです。

借地借家法地上権とうのはとても権利形態の強いものとなっています。正当事由がない限りは更新拒絶をすることはできないため、地代を支払うこと以外は所有権に近い権利形態となっているのが特徴です。

また、賃借権については旧借地権と新法借地権という2つの種類が存在しています。借地権に関する法律として、借地法と借地借家法というものがあるのです。借地法の方は1992年の8月以前に土地を借りていた場合に適用されます。そして、1992年8以降については借地借家法というものが新しく制定されているため、そちらが適用されることになるのです。この違いについても理解しておきましょう。

※参照情報※借地権

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

借地権について

不動産に関することはさまざまな専門用語が存在しており、いろいろな法律が関わっています。そのため、苦手意識を持っている方は多いのではないでしょうか。しかし、この社会で生きていくためには、さまざまな場面で不動産の取引や契約をすることになるでしょう。たとえば大学を卒業して一人暮らしをすることになった場合は賃貸契約をすることになります。これにはいろいろな法律が関わっており、契約内容をきちんと理解していないと損をしてしまうかもしれないのです。

借地権また、自分の家を建てたり、あるいはお店を開きたいときなどには土地を借りるということがあるかもしれません。自分で土地を購入するのはさまざまなリスクがあり、お金がかかってしまうため、借地として土地を利用したいという人はたくさんいるのです。この場合は借地権というものが関わってきます。法律が関係していることであり、さまざまな権利関係や義務などが存在しています。どのような権利や義務があるのか、正しく理解していないと損をしてしまうかもしれません。

これから建物の所有を目的として、土地を借りて利用したいと考えているならば、借地権について正しい理解をしましょう。こちらでは借地権について解説します。難しい内容をできるだけ分かりやすく説明しましょう。借地権に関するトラブルを避けるためにも必要な基礎知識を教えましょう。これから土地を利用したいと考えている方はぜひとも参考にしてください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket